バイクにも車検がある!またバイクを持つ注意点は?

「車検=自動車(車)」とのイメージが大きいですよね。
実際、車を持っている人は、車検の時期や費用を意識する必要がでてきます。
なかでも、車検費用は大きいため、計画的な資金準備が欠かせません。
しかし、車検が必要なのは車だけではないことを知っておきましょう。
排気量250ccを超えるバイクを持っている人は、2年に一度の車検が必要です。
そのときに、重量税や自賠責保険料などを支払います。
このように、大きいバイクを持つためにはお金が掛かるため、バイク選びには慎重にすることが大切です。
一方、排気量250cc以下のバイクには車検がありません。
しかし、日常点検や定期点検が必要になります。
また、自賠責保険への加入が義務付けられているため、ナンバープレートに貼るステッカーなどで確認したうえで、早めに継続することをおすすめします。
もし、乗る予定がなくても、バイクを持っていると軽自動車税がかかります。
こちらは、4月1日に所有するバイク(軽自動車なども)が対象となるため、廃車などの手続きをするなら年度内に行うことが大切です。
なお、排気量125cc~250ccのバイクは、新車購入時に重量税が掛かることも知っておきましょう。