虫歯治療は恐怖心に大事です

虫歯は怖いです。
虫歯が怖いというより虫歯になるのが怖いです。
虫歯になるのが怖くないという事はあり得ないです。
虫歯になったら苦しまないといけません。
ものすごい痛みに苦しんでしまいます。
虫歯の痛みが苦しくないという事はありません。

虫歯の苦しみは傷みだけではないです。
治療の時も痛いのが虫歯です。
虫歯治療は痛いと思いがちですが、気持ちの問題でもあります。
本当に痛い場合もありますけど、痛いと思っているから痛いという事が虫歯治療には多いです。
昔の虫歯治療は確かに痛かったです。
痛くない治療をおこなう歯医者の方が少なかったです。
痛い治療をおこなう歯医者の方が多かったから歯医者に行きたくないという人は老若男女問わずいました。
現在でも歯医者には行きたくないという人はいます。

今でも歯医者に行きたくないという人は多いですね。
多くの人が歯医者に行きたくないと思っていますが、行きたくない理由は昔より若干、変わっています。
痛い治療をする歯医者には今でも行きたくない人は多いです。
でも、歯医者自体に行きたくない人は昔より減っています。
虫歯治療の怖さは昔より減ってきましたが、昔の痛さが分かっていると現在でも若干の恐怖心はあります。
恐怖心があるのは虫歯治療だけではありません。
どの治療でも恐怖心はあります。
恐怖心がある虫歯治療ですが、虫歯で苦しむぐらいなら少し恐怖心があってもした方が良いです。
長く虫歯で苦しむより少ない期間で終わる治療の方がずっと我慢できます。